彼女の友人の海外挙式に参列する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

本当に暑い日が続きますね。

 

そして明日は土曜日。

 

こうなれば海、ビール、スイカバーでリフレッシュですね!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在M&A仲介会社にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、お仕事でも英語が使える様になりたいという事も1つのようですが、それよりも大きなポイントとして、帰国子女の彼女の友人の結婚式が海外であり、頻繁に海外に行く事が増えてきているので、その時に現地で少しでもしっかりと英語を話せるようになりたいから、という事でした。

 

国内の結婚式参列だけでも色々と出費があるものですが、それが海外となると、、、色々と大変そうです。

 

彼女は勿論友人の結婚式という事で、共通の知人などもいて楽しく式で色々な人と話せるようですが、本日の生徒様は今は彼女の横で大人しくしているコバンザメ状態、という事で、この状態を少しでも改善したい、という事でした。

 

折角の結婚式ですからね、いくからにはやっぱり楽しまなきゃ損ですし、新郎新婦にとっても出来るだけ楽しんで帰っていってもらいたい、というのが本音だと思います。

 

とはいいつつも、みんな英語で楽しそうに話していて、やっぱりその中に同じようなテンポで楽しく会話についていく、というのはなかなか難しいものです。

 

特に本日の生徒様のように英語にとても苦手意識を感じている方によっては、実際の英語力以上に相手が英語ができるようにみえてしまうものです。

 

自分ができない、そして全く知らない世界のスキルというのは、外から見るとまるで魔法使いのような、異次元の人達のスキルのようにみえるものです。

 

ただ、帰国子女やネイティブの人達にとっては、それは普通の事であって、日本人が日本語を話せることをまるで魔法使いみたいだね、と言われたところで、なんだか自分が過大評価されていると感じるのと同じ事だと思います。

 

正直日本語を話せるようになるのに何も頑張ってきてないし、、、というのが本音ですよね。

 

なので、ネイティブだって同じ事、と思えば、まず意識の上で対等に話せるはずです。

 

英語ネイティブっというだけでスゴいこと、とは思わず、一人の人間として対等に話す、という心構えで話す、というまずその気持ちの部分を整えていくことは大きなポイントの1つだと思います。

 

落ち着いて、深呼吸をして、相手の話すスピードにのまれず、自分のペースで話す、という気持ちでやれば、持っているものは出せるはずです。

 

中級レベルになってくれば、少し相手の会話スピードにも合わせる事を意識して、自分の中の英語処理スピードを上げるトレーニングをしていけばよいですが、初級レベルでそこを変にあせると、文法も発音も適当になってしまう事があるので要注意です。

 

本日の生徒様は、今の段階では、まず自分のスキルの洗い出しをしたい、という事でした。

 

その中で最短距離での会話力アップトレーニングの仕組みを組んでいきたい、という事で、やる気は十分です。

 

幸い彼女は帰国子女です。

 

自宅学習しているときも、どうしても分からない事があれば、彼女に聞いてしまえばいいわけですから、分からなくて途中で気持ちが折れる事は少なくできます。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!