育児休暇中に出来るだけ頑張る英会話

こんばんは!

 

福士選手のリオが決まり、会見で笑顔が見れ、ひと段落。

 

今後の選考方法、どうなるのですかね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、1児のママで育児休暇を取っていらっしゃり、その間に、小さな赤ちゃんと一緒にご自宅で英会話レッスンをお申し込みいただきました。

 

赤ちゃんはどうしてあんなにかわいいのですかね。純粋無垢。そして、春の若葉のようなみずみずしい肌や髪の毛。人間は永遠に若さに憧れるものなんですかね笑。

 

 

 

本日の生徒様の英会話レッスンをスタートしてからの目標はTOEIC900点。

 

これは大台ですね。

 

誰もが取れる点数ではないですし、また800点代に乗った方は、維持でも乗せたい大台、それが900点だと思います。

 

響きもかっこいいですね。9という数字はなんだかシャープなイメージもありますし。

 

英語学習に置いて、目標を置いてすすめることはとても有意義だと思いますし、それが具体的な数字になっているのは分かりやすく、とてもオススメです。

 

 

 

 

英語学習のレースは長丁場。

 

途中で気持ちが少し疲れる時や、英語の勉強に意義を見いだせなくなるような事もあるものです。

 

そんな時、一番最初に自分の掲げた数字。

 

夢が具体的であればるほど、それを諦める時、自分が諦めるものがハッキリと見えすぎていて、諦めにくい、そんな効果があるのではないでしょうか。

 

夢に日付けを、というのもまたそれに近い感覚があり、その日付を超えると、自分に何かしら言いわけをかけて納得させようとしても、心の奥底では、その日付け、ゴールを達成できなかった、というネガティブな気持ちが必ず残るはずです。

 

他の人に夢を宣言して自分を追い込む方はさらに、ですね笑。自分への負けた気持ちだけでなく、他人にもそう思われる。それはかなり辛い。いつしか、あいつは口だけだ、なんて言われれば、もうやるせない。

 

だからやるしかない。無理は無理。という事ですね。

 

 

 

という訳で、しっかりと目標をかかげて進んで行かれる事になったこちらの生徒様。

 

実は、以前にスペインに留学されていらっしゃり、既にスペイン語は超流暢というこちらの生徒様。

 

これは英語学習にとって有利!と思いきや、現在のこちらの生徒様の状況では、どちらかというと、英語とこんがらがってややこしい存在になっているようで。。。文法の混乱は実際に会話に大きく響いてくると痛感されています。

 

 

 

それでもやっぱり総合的にみると英語学習にはプラスに働くものだと思います。

 

イタリア人がフランスに行けば、3カ月もすれば、ある程度の事は話せ、理解できるようになるという事を聞いた事があります。

 

ボンジュールとボンジョルノですからね笑。

 

 

 

スペイン語、英語を話せれば、これからの社会、とても強いと思います。

 

世界の人口で言えば、中国語が話されている人口としてはとても多いですが、それは多くが中華系の人たちです。

 

それに比べてスペイン語は南米大陸の多くをつつみこんでいるように、母国語として話されている国の数としては圧倒的に多いです。

 

なんだか国も文化も歴史も違う国々が、みんなスペイン語で会話しあっているその感覚。残念ながら日本人にはまったくピンとこないですよね。

 

東京の人と大阪の人くらいの話し方の違いで、国が違うというのはなんだか不思議です。

 

 

 

育児休暇はまだまだたっぷりと時間が残っているようですし、出来る限りの事をしてお仕事に復帰していただきたいと思います。

 

本日は以上です!