海外のITベンダーとの会議に参加する為に頑張る英会話レッスン

2021年3月30日

こんばんは!

 

桜も各地で咲き誇り、もうすっかり春ですね!

 

もう木曜日からは4月だなんて、時が経つのは本当にはやいですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内のIT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、英語が出来ない事がずっとこれまでコンプレックスになっていた為、コンプレックスの克服、更にビジネスでも将来的には使えるレベルに上げていきたいから、という事でした。

 

アデュールで英会話をスタートされる方の中には、本日の生徒様のように英語のかなりにコンプレックスがあるという方は少なくありません。

 

学生時代に躓いた方や、怖い英会話の先生にあたってそれから英語嫌いになった、というケースもありますし、純粋になんだか海外に興味がなく英語にずっと興味を持てなかったものの英語の必要は感じるので何となく気になってしまっている、という方まで様々です。

 

いずれの方も、究極的には英語ができるようになりたい、という気持ちを強くお持ちであるため、英会話レッスンをスタートされるわけですね。

 

このコンプレックスというのは、確かに持っていて気持ちの良いものではありません。

 

ただ、このブログを読まれている方で、同じように英語にコンプレックスを感じていらっしゃる方は、プラスの面も考えていただけます。

 

英語のコンプレックスを感じていらっしゃる方で、英会話をスタートして、少しずつ自信をつけてこられると、今度は逆にコンプレックスからの反動で、英語ののめり込んでいくほど熱意を持てるようになるという事は少なくありません。

 

できないと思っていたもの、自分には向いていない、と半ばあきらめていたものが、できるようになる、自分のものになりそうになっている、と感じられるのは嬉しいものです。

 

普段は冷たい人が、ちょっとした時に優しい一面を見せてくれた時、他の人の優しさよりもその優しさは際立つように感じてしまうものですが、これも似たような事でしょうか笑。

 

極から極へ。

 

大嫌いは大好きと背中合わせとも考えられるかもしれないですね。

 

本日の生徒様は、大学受験を最後に英語からきっぱりと離れていらっしゃったようです。

 

ここにきて英会話をやるしかない、と決められた為、どうせやるなら中途半端に終えてしまう事だけは避けたい、という事で、長く続けられるレッスンの形を考えていらしゃいました。

 

予算、レッスンの場所、講師、レッスン内容、様々な要素がありますが、それらを色々と考えてアデュールの日本人講師に英会話を習う事を結論としてくださったようでした。

※日本人講師に習うメリットはこちらのページで詳しくご紹介しています

 

確かに英会話をおもいきって始めたのに、続かずにすぐ辞めてしまうとなるとお金ももったいないですし、何よりもその頑張ろうと最初に思った自分の気持ちに応えられない事が勿体ないと思います。

 

自分の興味、好奇心を上手く花咲かせてあげる環境を作る事は、自分自身を豊かにする事でもありますから、長く続けられる環境を考えるというのはとても大切な事だと思います。

 

現在は海外のベンダーが日本に来ても全て英語なので会議に入る事はできないようなのですが、いつかはそこにも入ってしっかりと会議に参加できたり、好きな海外ドラマや映画を字幕なしで見られるようになれれば、という事でした。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!