頻繁な海外出張と英語のテレカンの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピックの延期が決まりそうな雰囲気ですね。。。

 

色々な調整が本当に大変だと思います。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今年から東京に単身赴任で来ていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、業務上英語が出来る方がキャリアップにつながるから、という事でした。

 

1,2か月に1回、アジアに海外出張に出ていらっしゃり、また現在は参加されていないものの、英語の電話会議も社内ではよくあるという事で、今後のキャリアップを考えるとは、英語は本腰を入れてやらなければマズい、という事でした。

 

本日の生徒様の場合、既にかなり頻繁に海外出張に行かれていますし、今は参加していないものの、英語の電話会議も社内では頻繁に行われており、英語ができれば参加すべきもの、という事で、誰が聞いても英語は「やるべき」ものだと思えますよね。

 

ご本人もそれはもう避けられない事実、と感じていらっしゃるようです。

 

かなりご不安な肝とも抱えていらっしゃっても、アデュールでは日本人講師で不安な部分をしっかりとサポートさせていただいております。

 

こちらの生徒様、現在のアジアの海外出張については、英語で話さなければいけないところは同僚の英語のできる人間が対応してくれるため、本日の生徒様は海外出張ではあるものの、英語ができなくてもこなせている、という事でした。

 

ただこれも勿論英語が出来る人と役割分担を今はしているからであって、勿論自分の英語が出来る方が現地での仕事のやり方の幅は広がる、という事でした。

 

会社からは英語を必ずやらなければいけない、というような強いメッセージはないようですが、逆にそれがない分、プレッシャーを感じる、という事でした。

 

「出来なければ出来る人間を評価するまで」

 

というドライな空気も感じるようで、そうなると中長期で考えると自分は行動を起こさないとマズいという感じていらっしゃるようです。

 

会社に英語をやれと強く言われTOEICの点数を社内で逐一公表されるような環境もそれはそれで見えるプレッシャーでキツいですが、本日の生徒様の会社のように、「出来ないなら出来ない人と評価するだけ」というスタンスも、また違った意味でのキツさですね笑。

 

普通の人であれば、どちらでも「危機感」は感じると思います。

 

本日の生徒様は英語に関しては、学生時代から大嫌いだったようで、だからこそ、今のような会社の環境でもここまで英語をやってこなかった、という経緯があったようです。

 

ただ、東京に単身赴任で来ることになり、プライベートの時間が増える、という事がついにその大きな決断をする理由になったようです。

 

環境の変化は色々と大変ですが、そこで改めて自分の生活や今までやっていた事の見直しをする機会にもなりますし、良い節目ですね。

 

今回体験レッスンをされて感じられた事は、とにかく言葉が全然出てこない、という事のようでした。

 

今まで英語が出来ないといいつつも、それでも学生時代に英語の授業は受けていたし、本当に話さなければいけない環境におかれれば、つたない英語でも、なんとか意図は伝えられるだろうと思っていらっしゃったようです。

 

ただ今回の体験レッスンは、とても簡単な事がなかなか言葉に出来ず、最終的には上手く言えない、という結果を受け、これはマズいと改めて感じられたようでした。

 

環境は十分揃っていらっしゃるこちらの生徒様。

 

これからに期待です。

 

本日は以上です!