miyadesk のすべての投稿

外資系製薬会社に転職後のテレカンについて行く為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

サクラの便りも聞こえてくるこの季節、もう春!ですね。

 

寒い日もありますが。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、最近外資系製薬会社に転職され、アメリカ人とのテレカンに入る事が多くなり、全く会話についていけない、という事で、すぐにでも英語力を高めなければいけない、という事でアデュールでのレッスンをスタートされる事になりました。

 

転職活動というのは大変ですよね。

 

色々なエージェントがありますし、エージェントを絞ってもそこから転職先を色々と考えていくわけですが、世の中会社は沢山あって、またこれから先長く働くかもしれない会社、と考えると、色々な諸条件で考える事も多いものです。

 

収入、福利厚生、勤務場所、会社の資本比率、自分自身の今後のキャリアアップを考えた時の会社の価値、考えれば考える程、時間がかかりますし、そんな中でやっと決まった転職先。

 

というそのタイミングでほっとはできず、そこからが本当の冒険の始まりですね。

 

本日の生徒様はこの大変な転職活動を終えて、すぐにこの言語の壁にぶつかっていらっしゃり、転職を考えてからこの間、本当に大変な時期が続いていると感じていらっしゃいました。

 

この道を行けばどうなるものか、、ではないですが、本当にそんな大変な時なのだと思います。

 

今はとにかく「英語」との事です。

 

今回初めての転職というわけではなく、転職は既に経験されている為、転職の部分の精神的な負荷は以前よりは軽減されているようですが、今回の英語の壁については、今まで一番高い壁に感じていらっしゃるようでした。

 

これまでは日系企業で勤務されていて、英語についても、そこまで高いレベルを求められる事もなく、また周りの人間の英語力もそこまで高くなかった為、自分自身の英語力を少し買いかぶっていた感があったとの事でした。

 

今回の転職先で見事にその考えも打ち砕かれ、今はとにかく生き抜くためにどうにかしがみつかなければ、という気持ちでいっぱいとの事でした。

 

戦う場所が変われば相手も変わり、ルールも変わります。

 

これがまたビジネスの世界で生きていく事の難しさなのですかね。

 

そしてその環境の変化は人にとっては大きな精神的、肉体的負荷になります。

 

ここの耐性が付いている方は強いですが、慣れない方はやはりキツい、と皆さんおっしゃいます。

 

本日の生徒様はスピーキングがまず、周りの会話スピードの店舗にあわせられず、何か言おうとしても置いて行かれる感があり、リスニングも全く理解できない部分も多々あり、どこから手を付ければよいかもう分からない、という感覚でいらっしゃいました。

 

現実的には、1つ1つに潰していくしかないのですが、本日の生徒様のようにある程度のスピードの中で会話をしていかなければいけない方の場合は、レッスンでもある程度その環境を作り、その環境の中で会話トレーニングに慣れていく事も必要です。

 

ポイントはそのまま仕事場と同じように分からない所が流れていったり、とにかく「こなす」だけの場にするのではなく、1つ1つ気になった所、怪しい部分を確認していく作業を怠らない事にあります。

 

講師側での気づき、修正点だけでなく、ご本人から自発的に気づく事もとても大切です。

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

化学薬品メーカーで求められる英語力をつける為に頑張る英会話レッスン

こんにちは!

 

今日の関東地方は春のような陽気でしたね。

 

夜は冷えていますが。桜もあと少し♪

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在化学薬品メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、会社で英語力アップを求められているから、という事でした。

 

具体的にはTOEICのスコア取得が目標として掲げられており、その数字を取りつつ、実務に生きる英語力にしていきたい、という事でした。

 

元々短大の英文科を出ていらっしゃり、学生時代は英語に馴染みのある生活をされていたようですが、社会人になり、英語に触れる事もなくなり、学ぶ環境もなくなり、気付けばもう社会人20年目。

 

すっかりさび付いた英語力をここで再度磨き上げたい、という事でした。

 

社会人になっての3年、5年、10年、などはあっという間でしょうし、引退されている方に言わせれば、現役時代なんてあっという間、という話だと思います。

 

ただ、それでも日々の生活の中で仕事の中で悩み、苦しむの現実で、近い将来の自分の変化の為に、みんな必死になって頑張っているんですね。

 

本日の生徒様は今回はしみじみと自分の英語力を見つめる中で、そんな時間の経過について、このようにふと考えられたようでした。

 

まだ40代。

 

これからの世代で、英語力なんていうのは、いくらでも伸びます。

 

これから英語力がどんどん求められる環境になる、という事で、少しずつ英語のメールに触れる機会も出てきているようで、本番環境への「ウォーミングアップ」の時期に入ってきているようです。

 

お仕事で英語を使う機会が増える事は、英語が苦手な方にとっては地獄かもしれませんが、可能性を広げられる英語ですから、やっておいて無駄はないですね。

 

普段の自分の自己学習と、仕事で触れる英語と、その相乗効果で英語力アップの可能性は高まります。

 

もともと英文科で、英語が好きだった、という事もとても大きなポイントだと思います。

 

英会話を習う人、習いたい人の中には、英語に苦手意識を持っているものの、「好きではある」という人はとても多いと思います。

 

嫌いなものをやるのは確かに大変ですが、苦手だけど好き、というものについては、軌道に乗ればどんどん楽しくなります。

 

今回の体験レッスンでは久しぶりに英語だけで会話をする、という機会で、多少緊張はされたそうですが、それでも普段仕事で見る英語は、「仕事」という観念が強過ぎる為に、純粋に好きな英語、という視点ではまだ向き合えていないのに比べ、体験レッスンでの「会話」は素直に英語を楽しめた、という感覚が強ったようです。

 

仕事では、この英語が理解できなければマズい、誤解してすすめるとマズい、失敗したらどうしよう、そういう多少のプレッシャーがあると思いますが、レッスンは良い意味で、ミスによって自分のキャリアや経済的なダメージを受けるわけではありません。

 

それが楽しく英語に向き合える要因で、しばらくは仕事の英語、という事を考えず、純粋に英会話を楽しむ、というアプローチで継続してもよいかな、と感じられたようでした。

 

人それぞれ必要なアプローチは異なりますし、当然目標も異なります。

 

担当講師がこれからもしっかりと状況をヒアリングし、必要なアプローチを取る形で、しっかりと結果に結びつけていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

海外駐在であまり向上しなかった英語力を強化する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

花粉の季節到来で、花粉症関連の広告や番組なども増えてくる時期になりましたね。

 

花粉症は本当に大変そうです。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在日系の金融機関にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、キャリアアップの為に英語力をもっと高めたいから、という事でした。

 

こちらの生徒様、最近まで海外駐在されており、3年間の駐在を終えて帰国されました。

 

3年間の駐在が決まる前に社内で勿論選抜もあり、ある程度の英語力があると評価されての駐在だった為、既に英語力の基盤は整っていらっしゃいました。

 

ご本人としては、駐在を通じて更に英語力のアップをはかれるもの、という期待もあっての3年間だったようですが、実際には日系企業で、現地でも日本人スタッフがほとんどを占めていたため、日常業務でそこまで英語が必要という環境ではなく、それゆえに、「英語環境で追い込まれる」という状況は3年間でそこまでなかったようです。

 

ご本人としては、その為にあまり英語力があがったとは感じていらっしゃらず、会話力の部分でまだまだ頑張らないといけない、と感じていらっしゃいます。

 

また3年の駐在を経ての帰国の為、まわりからかなりの英語力がある、という風にみられる事もとてもプレッシャーに感じ、それが逆に日本に帰ってきてから英語をもっとやらなければ、と気持ち的に追い込まれる逆転現象が生れてしまったようです。

 

「良いのか悪いのか分かりませんが。。。笑」とおっしゃるこちらの生徒様。

 

もちろん、

 

 

良いに決まっています!

 

プレッシャーは勿論「しんどい」ですよね。

 

ただそれが力をつける大きなエンジンになってくれる事は間違いありません。

 

特に本日の生徒様は社内で英語の出来る人、という位置づけをされている以上、日常的に少しのプレッシャーを感じていらっしゃるようなので、これは「やるしかない!」という環境にいらっしゃるわけです。

 

本日の生徒様のようにある程度の英語力がついてくると、自分で何が足りないか、何が必要か、という事は大枠で見えてくるものです。

 

あとは必要なアプローチをとるだけで、考えようによっては、力を伸ばしやすいレベルにいらっしゃるとも言えます。

 

リスニングの苦手意識は相変わらずのようですが、自分の話す英語も、もっと良い表現、言い回しがあるのでは、、と感じながら会話をすることが多い、との事でしたので、この辺りはポイントになってきそうです。

 

自分の英語を先生に見てもらうのは最初は恥ずかしさを感じていらっしゃったようですが、すぐに慣れ、自分に必要な環境と感じてくださっていました。

 

自分のアウトプットに対して、どのように考えられるか、という風な事を1つ1つ考えながら英語に向き合っていける事はとても新鮮だと思います。

 

日常生活では、大枠の意味が通じる事が最優先で会話のキャッチボールが進められるので、変な投球フォームでも、ボールが相手の胸元に届けば、相手はそれでいいんですね。

 

先生でない限り、相手の投球フォームなんてどうでもいいですし、「とにかくこの場をのりきる為に、早くボール返してよ」という事しか考えないのが実際の会話の現場だと思います。

 

細かく自分の英語に向き合っていく時間を通じて、これから力をつけていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

バイリンガル教育の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間の一週間ですね。

 

来週末は3月後半になり、もう春は間近です!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在小さなお子様がいらっしゃるお母様で、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、子供に英語教育をしっかりと受けさせたいと考えていらっしゃる為、その過程で自分もしっかりと英語の力をつけなければ、と感じていらっしゃる事が理由のようでした。

 

お子様への英語教育。

 

これは最近のママさん達の大きなテーマだと思います。

 

小さい頃から英語で話しかけてバイリンガルになってもらいたい、という気持ちの強い方もいらっしゃると思いますし、そのままインターナショナルスクールに、という選択肢を取られる方も多いですよね。

 

特に首都圏では多くのインターナショナルスクールがあるので、選択肢が多いのもポイントだと思います。

 

インターではなく、一般校に通わせるものの、小さい頃から英語に慣れ親しんでもらって、英語の習得が自分の頃よりも容易にできるようになってもらいたい、という考えも方も多いですね。

 

スタートラインは中学一年生。

 

というせーので始めなければいけない、というルールはどこにもなく、中学一年生の時には既にバリバリのバイリンガル、なんて状態でもいいわけで、それは親御さんの教育方針に全て委ねられているという事になります。

 

本日の生徒様は、社会人になってからワーホリで海外に1年いらっしゃったご経験があり、それだけに英語を使えるようになる事の意義を強く感じていらっしゃいます。

 

ただ、帰国し、仕事で英語を使う事もなく、日常生活でも英語を話す機会に恵まれず、どんどん英語を話す機会が減って、英語力が落ちている現在、子供にどのように英語で話しかければよいかの判断が出来ない、という悩みを持っていらっしゃいました。

 

自分自身が外の人に話す英語については、伝わればいい、少々雑でも伝わるもの、という感覚をお持ちですが、子供に話しかける英語については、全てをスポンジのように吸収していく子供ですから、その分、その言葉にも責任を感じられます。

 

自分の英語力ではたして子供に英語で話しかけてもよいのだろうか、、色々な事を考えていらっしゃるのが現在の御心境との事でした。

 

バイリンガルになる方の育ち方やその言語の習得環境は人それぞれです。

 

5歳くらいまでは英語しか話せなかったのに、小学校から日本語メインになり、大人になった今は逆に英語をほとんど話せなくなった、なんて人もいますし、小学校に入るまでは英語を話す機会が全然なかったのに、小学校3,4年生まで英語しか話せない学校環境にいた事で、逆に英語の方が得意になった、なんて方もいらっしゃいます。

 

特に小学校に入ると学校にいる時間も長いですし、友達と遊ぶ時間も長く、家族との時間<学校の時間、という感じになりますよね。

 

こうなると学校で使う英語の方が子供は快適になっていく、というわけです。いたってシンプルですね。海外では日系2世、中華系2世、のようなお子さんたちが、家では日本語、中国語、のように親御さんに言われても、面倒くさくなって英語を使う事が多くなり、中学になる事には、両親の母国語である日本語、中国語会話がままならないレベルになってしまった、なんて話もよく聞きます。

 

本日の生徒様もこれから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

アメリカの本屋さんで苦労した英語を克服する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

3月に入り、ピークの寒さも抜けたかな、と思いきや、今日はまたとても寒い関東地方。油断大敵ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在語学関係のお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、先月アメリカの本屋さんに立ち寄った際、店員さんと上手くコミュニケーションが取れなかった為、苦手な英語への意識が一気に一気に花咲いてしまったから、という事でした。

 

良い花であれば良いのですが、苦手意識の花が咲くのはちょっとやっかいですね笑。

 

ただ、こちらの生徒様は海外旅行が好きで、やはり英語ができない事は自分の人生の中でいつも克服したいと心の奥底で感じていた事だったようで、このタイミングでしっかりと自分に向き合い、英会話を頑張ろう、と決断されたようでした。

 

海外での書店だけでなく、美術館、博物館、地元の小さな商店から服屋さんまで、文化を感じられる場所がお好きなようで、そこで出会う方々ともっとスムーズに会話ができるようになりたい、と強く願っていらっしゃいます。

 

好きな事に壁があるというのはなんともモヤモヤするもので、そこをクリアすればもっと楽しめるものです。

 

本日の生徒様は旦那様が英語ができる為、基本的には旦那様に頼ってしまう毎回の海外旅行にも、少し残念な気持ちがあったようです。

 

自分でどうにかしたい、自分でその場をやりきりたい。

 

それも何度も海外旅行を重ねると多くの方が感じられる事だと思います。

 

アデュールの生徒様の中には同じように、海外旅行に何度も行く中で、いつも変わらない自分の英語力にうんざり。。という事を理由に英会話を始めた方は多くいらっしゃいます。

 

入口としては海外旅行はとてもいい場所だと思います。

 

海外旅行に限らず、日本国内でも何かしら外国人の方と話す機会があり、そこで上手く英語が使えなかった事が英語学習のモチベーションにつながる、という事はよくある事だと思います。

 

代表的なものは道を聞かれる事ですかね。

 

道を聞かれる方は、聞かれる雰囲気があり、本当に毎日位の頻度で聞かれる方がいます。

 

優しそうな雰囲気が外国人の方にも伝わるのでしょうね。

 

それだけ頻繁に聞かれるので、やはり毎回同じように困る、ボディランゲージで済ます、冷や汗かいて終了、、、という状況は、、

 

「嫌だ!」

 

とどこかで強く感じられるものです。

 

きっかけは人それぞれですが、その「どうにかしたい!」という強い思いは必ず、自分の人生を大きく変えてくれる「メッセージ」であるはずです。

 

新しい言葉を見に付ける事で広がる世界は無限大です。

 

その国の言語で話す外国人に対しては、基本的に人は寛容になるものです。

 

日本語を流暢に話す外国人には誰もが親近感を持つと思います。

 

同じ感覚は外国人もあります。

 

そこから会話が始まり、知見が広がり、そして経験になり、人生の財産になる。

 

語学の魅力は仕事などある一部分のみに限定されたスキルにとどまらず、人生の楽しみを何倍にも広げてくれる事だと思います。

 

そして何よりも、成長していく過程で、少しずつその言葉でコミュニケーションを取れるようになってくる感覚がやっぱり気持ちいものです。

 

変われてる自分に喜びを感じながら、これからも本日の生徒様にはレッスンを楽しんでいただきたいと思います。

 

本日は以上です!