miyadesk のすべての投稿

管理栄養士としてアメリカの病院に研修に行く為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピックまであと1年、徐々にオリパラムードが高まってきている感じがしますね。どんなオリンピックになるのか、とても楽しみです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在病院で管理栄養士としてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、半年後にアメリカの病院に研修に行く事が決まられたようで、その為に今から出来るだけの事をやっておきたいから、という事でした。

 

アメリカの病院に研修。

 

なんだか響きがかっこいいですね。ただご本人としてはもう気が気でない、という状況のようで、不安でいっぱいとの事でした。

 

理由は、全く英語ができないから、という事でした。

 

これまではお仕事で多少英語が必要な環境があっても、持ち前の明るさとノリで、勢いでカバーされてきたようですが、さすがにアメリカに行って研修となると、ノリでどうにかなる場所ではない、という事はご自身が一番よく理解されているようでした。

 

英語自体は、大学院にいらっしゃった時に、辞書片手に英語論文を読んでいらっしゃったようで、読むという事については、まだ抵抗が少ないとの事でしたが、いざ会話となると、やはりとても苦手意識があるようです。

 

英語で会話をするという事について、真剣にトレーニングをされた事がないという事が、苦手意識をさらに高めてしまっているようです。

 

どのレベルまで出来ればまあまあと思われて、どのレベルだと全くダメと世間一般で思われるのか、その基準が自分の中で曖昧で、そういった意味でも先生をつけてレッスンを受ける事が今の自分にはとても重要、と判断されたようでした。

 

またアメリカ研修だけではなく、今後は病院に海外からの留学生が沢山来ることになっているようで、そういった意味で、日本にいてもこれからは英語の力がないと自分の居場所を失ってしまう、という危機感も感じていらっしゃいました。

 

危機感=行動力を高める、という意味では英語学習にはもってこいです。

 

ご本人は、どんな事でも、本気になるまで、時間がかかるタイプの人間との事で、やらなきゃっと最終的にスイッチが入った時には頑張れるものの、そこまで入るのに普通の人よりも時間がかかるのでどうしても、行動が遅くなりがち、と話されていました。

 

そして今の英語に対するスイッチの具合をお聞きすると、さすがにここについては、スイッチ全開になっていらっしゃるとの事でした笑。

 

半年後にアメリカ、そして日本の職場でもこれからどんどん外国人留学生が来る、という環境ですから、危機感を感じるのは当然かもしれないですね。

 

今回の体験レッスンで感じられた事は、やはり読み書きと違い、会話はどうしても苦手意識が先行して、自分から一歩前に出る勇気がでない、という事でした。

 

ただとても良かった点として、発音を先生に褒められた事が、少し自信になった、という事でした。

 

どんな事でも、自信が次の成長のエンジンにつながるという事はよくある事で、そこからどんどん次へ次へと進んでいただきたいと思います。

 

「待ったなしの今の状況ですから、自分がどう思うか等は今はもう関係のない話です。。ただやるだけです」とある意味、もう気持ちを割り切っていらっしゃいます。

 

今後がとても楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

将来生まれる子供をインターに入れる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨ですが、湿度もなく暑さはなくなんだかちょっと拍子抜けの感がありますが、明日はまた暑くなりそうですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ご自身でネイルサロンを経営されており、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事でも少し英語が出来れば、という事ですが、一番の理由は、子供をインターに入れた時に、しっかりと先生と英語でも話せるようになりたいから、という事でした。

 

こちらの生徒様はもうすぐ結婚を控えていらっしゃり、現在の婚約者の方ともお子様の教育の事など、少しずつ話す機会を持たれているようで、それが刺激になっているようです。

 

やはり現実的な事を考えれば考える程、行動もより具体的になっていきますよね。

 

どんな事でもリアルに感じる、というのはとても大切な事だと思います。

 

こちらの生徒様の周りのご友人は英語が得意な方がとても多いようで、実際にインターにお子様を預けて、英語でしっかりと先生方ともコミュニケーションを取っていらっしゃるようです。

 

そのようなお話を聞く中で、自分がその中で他の友人と同じレベルで英語を操れるようになる事を夢見ていらっしゃいます。

 

その想像する状況はかなり具体的な感じですし、その為には今何が必要か、しっかりと体験レッスンを受ける前からご自身で考えていらっしゃったようです。

 

英語は学生時代から苦手科目でご自身曰く、

 

「英語を話すことができないと恥ずかしくて話さない典型的なタイプです。」

 

との事。

 

日本人の方はとても多いですね。

 

しっかりとした英文でないと言うのをためらう、これ位でなんとか相手が汲み取ってくれるだろう、という相手の力量に委ねる、というような判断は日本人のマインドにはあまりない発想というのはあると思います。

 

ただ実際に英語の練習を始めると、どこまでならOKでどこまでならダメなのか、そんな境界線を実際の会話の中で感じていくなかで、自分のリアルな英語を見つけていく事になります。

 

肌感覚でそのボーダーを感じる事はとても大きな経験値ですし、そういう現場にたっぷりと身をさらす事で、自分自身に「本当に必要な」スキル、能力が何なのかが見えてきます。

 

会話もしないで、なんとなく今の自分にはこのスキルが足りないからこれをやればいいんじゃないか、と考える事も1つではありますが、試合をしないと分からない事は沢山あります。

 

どんな事でも現実の中にしか現実はありません。

 

今回の体験レッスンでは、とても緊張されたようですが、それでもとても優しい先生で、マンツーマンで熱心な先生の姿勢にとても好印象を持ちました、とおっしゃっていただけました。

 

先生が熱心に向き合ってくださるので、自分もその期待に応えなくては、という気持ちになりましたとの事でした。

 

少し人見知りで緊張しがちな性格のようですが、それでも目標を決めてやると決めた事に対しては、とにかく真っすぐに突き進むタイプの方のようです。

 

メラメラを闘志をみなぎらせていらっしゃる感じが体験レッスン後に感じましたし、そのヤル気の炎をしっかりとたぎらせながら、これから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

外資系外食チェーンでのキャリアアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨は雨がふるもの、とは分かっているものの、やっぱり雨はイヤですね笑。

 

今日は湿度がなかった分、まだよかったですが。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系の飲食関係の会社にお勤めで、アデュールでのレッスンをスタートされた理由は、海外出張や海外とのやり取りにおいて、もっと英語でスムーズにコミュニケーションを取れるようにしたいから、という事でした。

 

日常的に英語のメールや文書には触れるものの、会話となるとあまり英語で話す必要がある環境は少なく、時々いきなり話す場面になって、いつも言葉につまり、そのたびに会話力の強化の必要性を感じてこられたようです。

 

これまでもその都度、英会話スクールに通われた事はあったようですが、業務の忙しさから、途中で辞めてしまう、という事を繰り返してこられたようでした。

 

色々な学習方法を試す中で、現実的に自分に必要な事は、継続して学習する事であり、その為に必要な環境は、レッスンを受けやすい場所、曜日、そして時間に合わせていく事、という結論を出されました。

 

平日の少し遅めの時間からのレッスンスタートにする事で、現在は安定してレッスンを受ける事が出来るようになられ、この1年、しっかりと力を蓄えてこられました。

 

1年間、しっかりとレッスンが続いた事はこれまでなかったようで、レッスンの内容も勿論ですが、続ける事で見えてくるものがある、というのが現在の実感のようです。

 

会話において感じていらっしゃる事は、以前よりもだいぶ落ち着いて会話をする事が出来るようになったようです。

 

落ち着いて会話をするから、英語の語順も、使う単語も、発音も、落ち着いて考える事ができ、そこの精度を高められ、自分のアウトプットのパフォーマンスが上がるので、会話の内容も広がり、更に会話の質が高まりレッスン内容も充実してくる、という好循環が生まれていらっしゃいます。

 

英会話初心者の方は、とにかく日本語で話すような普通の会話がスムーズに出来ない事に、強烈な違和感を感じたりするものです。

 

普通に会話が進まないので、話が進まず、もうどうにもならない、という感じに陥ります。

 

同じ人間なのに、言葉で意思疎通出来ないなんて、なんて不自由なんだ!というのが、素直な感覚だと思います。

 

言葉がどれだけ人類の発展に寄与したかを改めて感じる瞬間なのではないでしょうか笑。

 

課題としては、リスニングでキーとなる単語が聞き取れなかった時に、話の全体が全く分からなくなる言葉しばしばあり、そこを克服したい、という事でした。

 

これは一言で言ってしまえば単語力の強化という事になるのですが、じゃあ単語を何個覚えればいいんだよ!という話にもなりますし、かなり地味な作業ではあります。

 

ただし、意外とこのキーとなる単語、フレーズが、自分の知らない単語ではなく、知っている単語、という事がよくあるのが英会話です。

 

自分の知らない意味で使われていたり、熟語になっているので単語単体の意味とは少し意味が変わっていたり、という事から、その部分を理解できない、聞き取れない、という事が起こったりします。

 

細かい作業ですが、何を落としたのか、という事を1つ1つ突き合せ、自分の知識とのすり合わせ作業が必要になります。

 

まだまだやる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

海外ブランドの高級バッグ販売員として頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

東京ももう梅雨ですね。

 

週末もお天気はいまいちのようで、お出かけ予定の方には残念な様子ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在銀座で外国ブランドのバッグの販売員をされており、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、海外でとても有名なブランドという事もあり、お客様の7,8割が外国人の為、接客でしっかりと英語対応できるようにしたいから、という事でした。

 

お客様の7,8割が外国人、というのは驚きの数ではありますが、正直な所、銀座等の外国人観光客のメッカでは珍しい事ではないと思います。

 

浅草寺の中の仲見世でも、近くのお店でも、平日昼間に行けば、外国人のお客様だらけです。

 

お店に入り、行列に並んでいて、「前には何人か日本人のお客さんも並んでるな」と思うと、会計の時に皆さん英語で話していて、「あれ、この店のお客さん、自分以外は全員日本人じゃなかった笑」なんて事もよくある事だと思います。

 

ニュースで外国人観光客が増えているという事はよく目にしますが、現場の人達は、それを日々肌で感じていらっしゃるわけです。

 

本日の生徒様の場合は、以前の職場では、別の商材を扱っていらっしゃったようですが、価格帯も今のものとは違い、もう少しお手頃な価格帯であったこともあり、そこまで接客での英語の必要性を強くは感じていらっしゃらなかったようです。

 

ただ、今回は海外ブランドの超高級バッグ。

 

価格が価格だけに、さすがに接客のクオリティを上げないとマズい、というのがこちらの生徒様の本音のようです。

 

実際にお金のある人達があ類程度のサービスを受ける事を当然と考えて来店されるわけです。

 

「日本人は英語が話せない」という前情報は勿論持って来られているとしても、それでもある程度の価格帯の場所では、最低限のサービスは期待されます。

 

空港、ホテル等は勿論の事、高級レストラン、バー等もそうですね。

 

高級カバンももれなく、その中に入ってくるカテゴリだと思います。

 

今現在はというと、かなりアタフタしながら、対応し、基本的には英語のできる他のスタッフに細かい部分は丸投げしていく、という状況のようです。

 

これでお店が回る時間帯であれば問題ないですが、接客業の大変な所は、お客さんの来るタイミングも求められる接客時間も人それぞれで、人手が常に上手く調整できない、という所だと思います。

 

自分一人でどうにかしなければいけない事がどうしても発生してしまう、という事があります。

 

今回の体験レッスンでは、具体的なお仕事でのケースや上手く言えなかった事等にフォーカスして会話練習をされ、とても充実した時間を過ごしてくださったようでした。

 

明日にでも使える英会話表現を学ぶ事は、お仕事で英語が必要な方にとっては、何よりも欲しいものです。

 

今今のものではなく、英語の基礎からしっかりと振り返ってやらなければ、、と考えるのも勿論1つです。

 

それも絶対に必要です。

 

ただ、お仕事で英語を必要とする方にとっては、どちらも同時並行で進めていく、走りながら考える、そんなアプローチが必要になってきます。

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

国家公務員として3年後の海外転勤に向けて頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

いや~毎日本当に暑いですね。

 

暑さが厳しくなると事故なども増えてきますし、要注意ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在国家公務員として都内でお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、1,2年後に3年間の海外駐在になる予定との事で、その為にしっかりと英語力を今から鍛えておきたいから、という事でした。

 

3年の駐在ともなれば、長い時間を海外で過ごす事になります。

 

現地でしっかりと仕事をこなすには、最初のスタートダッシュはとても大切だと思います。

 

英語が全くできない状態で海外に行くと、目の前で何が起こっているのかよく分からないまま、あたふたしたまま気付けば半年経っていた、、なんて事はよくある事です。

 

今の時代ですから、全く英語が出来なくても死んでしまう事はありませんし、生きてはいれますが、よくわからないまま過ぎてしまった海外での時間はとてもとても勿体ないものです。

 

自分の中では、「大変だけどなんとか半年過ごす事ができた」とプラスに捉えたいとは考えると思いますが、正直成長できたのか、と考えると、「。。。。」となってしまうのが現実だと思います。

 

海外留学でも、海外駐在でも、とにかく、行く前に少しでも英語力を高めておくこと。これはとても重要です。

 

現地での1分1秒はとても貴重な時間。

 

その毎秒をしっかりと自分の中に吸収していく為には、吸収する素地が備わっていないと吸収できません。

 

英語力が高ければ高いほど、吸収できるものも多くなります。

 

10話されているうち、7を理解できれば、残りの3は予測したり、話の流れから最終的に自分だけで理解できたりするものです。

 

それが10のうち、4しか理解できないと、内容がかなりあいまいで、それゆえに、その次の会話にもつながらず、つなげられず、その環境を次に活かす事ができなくなります。

 

海外での生活では、1つの会話を理解できるかどうかは、1に対して1をゲットする、という発想ではなく、その会話が理解できるから、芋づる式に、他の会話も、他のお誘いも、という風にどんどん会話やチャンスが生まれくるので、1をゲットすると、それが3にも4にもなっていきます。

 

使える英単語量が2000の人と4000の人では、チャンスが倍になるのではなく、3倍、4倍にもなりえるわけです。

 

だからこそ、少しでも英語力を高めて海外に行く、という発想を持って頑張っていただきたいと思います。

 

本日の生徒様は現在の仕事では全く英語を使う事がないという事で、日常生活で英語に囲まれる生活という事自体が想像できない状況と話されていました。

 

小さいお子様も含めたご家族帯同での海外転勤です。

 

奥様、お子様の為にも頑張らなくては!ととても強い気持ちを持っていらっしゃいます。

 

今回の体験レッスンでは、なかなか自分の思ったように会話が出てこなかったものの、1つ大きな収穫として感じられた事は、英会話のレッスンは、英語を独学で学ぶよりも楽しいという事だったようです。

 

もともと会話の好きなこちらの生徒様。

 

熱心に教えてくださる先生との前向きな会話はとても楽しいと感じられたようで、そこから多くの事も学べる会話レッスンの環境は純粋にとても楽しい時間でした、とおっしゃっていただけました。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!