miyadesk のすべての投稿

憧れを現実にする為に始める英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨が明けるともう本当に夏の暑さですね。

 

当たり前ですが、やっぱり暑い!!ですね笑。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の某メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、趣味で英会話を始めたい、と思われたからという事でした。

 

社会人になり、約15年企業戦士として働いてきて、今40歳を手前にして、改めて自分の人生、生き方を少し考える事が最近あったようです。

 

その時に、自分はこの先企業戦士として生き続ける先に、老後を迎え、そして、人生を振り返る時、この人生に自分オリジナルの価値を見出す事ができるのだろうか、と思われた時に、自分の好きな事、興味のある事に挑戦しなかった人生にしたくはない、と強く感じられたという事でした。

 

人の人生は犬や猫と比べれば長くても、それでもせいぜい100年の短くはかないものです。

 

それをどう捉えるかはもう個人個人の人生観という話になっていくので、全員に共通する絶対的な答えというものはないと思うのですが、ただ、多くの方が、企業戦士として、また父親、母親、もしくは1人の男性、女性として、人生を進めていくときに、「このままでいいのだろうか」とあるタイミングで考えられるっ事は多いと思います。

 

物事がとにかく超スピードで進み、情報がとにかくあふれかえり、生きていく為に状況の把握とキャッチアップでいっぱいいっぱいになってしまいやすい時代です。

 

なかなか人生というものをゆっくり冷静に時間をかけて考えられる事は少ない人が多いと思います。

 

でも、今回のコロナで一人の時間が増えたり、色々とゆっくりと物事を考える時間が増えたりすると、本日の生徒様のように、ふと、自分の人生とは、という所に考えが進んでいく方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

 

とても良い事ですね。

 

本日の生徒様は英語については、これまでは、周りに英語を話せる人達が何人かいて、その人たちの英語が圧倒的にすごいだけに、そのレベルに行ける、という事すら考えられなかったようで、ただただ「すごいな」という感想だけを持っていらっしゃったとの事でした。

 

ただ、憧れ、そして自分もそうなれるなら勿論なりたい、という気持ちが心の奥底にあるというのは、気付かないようで、気付く自分もいた、という事でした。

 

そして、その自分の気持ちをしっかりと向き合うのが今なんじゃないか、というのが今回のこちらの生徒様の結論だったようです。

 

仕事で必要なわけでもなく、生活の中で外国人の方と関わる事がるので英語が必須になってきたというわけでもなく、ただただ憧れの英語を話す人を目指したい、という純粋な憧れを動機として始める。

 

すごくいいと思います!!

 

その自分でもはっきりとは見えきれない自分のその感情は、実際に英会話をやって、少し話せるようになってきて、その時に、改めてどれくらい強い気持ちなのかを再確認できるように必ずなります。

 

それにはまず始める事、ですね。

 

今回の体験レッスンではとても緊張されたようですが、それでも緊張を超えるだけの楽しさを感じられたとおっしゃっていただけました。

 

これからが楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

Webデザイナーとしてのキャリアと観光案内の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

ついに関東地方梅雨明けしましたね。

 

7月は基本的にずっと雨雲が出ていて、夏らしい日がほとんどなかっただけに、一気に日本の夏が来た、という感じです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在Webデザイナーのお仕事をされていらっしゃり、今回お申込みされた理由は、近い将来、実家のある京都に戻って、京都をベースにして生活をされたいようで、外国人観光客の多い土地柄、英語も出来る方が良いから、という事でした。

 

またお仕事でも英語ができると海外のウェブサイトを読んだり、デザインを調べたりする際に便利だという事でした。

 

京都と言えば、国際観光都市の1つですからね。

 

京都出身で京都市内中心部にお住まいという事なので、東京都心部に住んでいるように、観光客とは日常的に多く出くわす事があるのだと思います。

 

京都は電車だけでなく、バスでの移動も多い為、外国人観光客の方にとっては、行き先までたどり着くのは難しい事もあると思いますし、そんな時にバス停で、バス車内で、路面で、しっかりと観光客の方に案内してあげられると素敵ですね。

 

東京のような大都市ではなく、外国人の方でも感じる古都ですので、東京のように英語が通じる場所がそこそこあるとは期待されていない方も多いと思いますし、そんな時に、さらりと英語で対応してあげられると、京都の印象もグッと上がる事、間違いなしです!

 

1人1人が観光大使。

 

そんな気持ちでいる事が、観光立国への道につながると思います。

 

こちらの生徒様はお仕事では現在全く英会話が必要な環境ではないようですが、グローバル化するこれからの時代に必要な言語だと強く感じていらっしゃいました。

 

初心者感覚でもWebデザイナーで英語が話せれば、海外に行っても仕事を見つけられる可能性はかなり高いのではないかなと思います。

 

アナログでイラストを描くのであれば、途上国でも上手な人が沢山いると思いますが、Webデザインとなると、HTML、CSS、Javascriptと、アナログとは異なるスキルが入ってきます。そこに美的センスを重ねて勝負するのがWebデザイナーですが、この場合、現地の言葉を例え知らなくても、その部分については、現地の人に確認しながら出来る事なのかなと思いますし、高い美的センスがあり、そこに高いデジタルスキルがあれば、十分海外でも勝負できる場所はあると思います。

 

本日の生徒様はぼんやりとそんな事も考えてはいらっしゃるようですが、今はとにかく、基本的な英会話を社会人のたしなみとして覚えていきたいという事でした。

 

以前に同じような志を持って、一度英会話スクールに通われたようですが、その時は仕事の忙しさ等もあり、途中で辞めてしわれたようで、その時に学んだ事も今ではすっかりと忘れてしまった、という事でした。

 

今振り返って感じられるのは、英会話は辞めてしまうとやった事のすべてが無駄になる、という事でした。

 

やった事が完全に記憶から消えてしまう事はないかもしれませんが、ただ、実際に英語で会話をしてみると、全く言葉がでなくなっている、という事はよくある事ですし、よ~く考えれば何か過去に覚えた表現が出てくるかもしれませんが、全く会話ができない以上、本人の感覚として「過去の勉強が全て無駄になった」と感じるのは仕方がない事なのかもしれません。

 

今回はしっかりと続けていただきたいと思います!

 

本日は以上です!

 

 

 

フリーランスのITプログラマとして頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間の1週間で、明後日からはもう8月ですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在フリーランスのITプログラマとしてお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、仕事で外国人がいるプロジェクトに入る事もあるようで、打ち合わせなどビジネスレベルで英語を使えるようになりたいから、という事でした。

 

もともと学生時代にアメリカに半年語学留学をされていたようですが、日本を出発した時点では、英語の力がゼロだったという事で、半年という期間では、最後の方でようやく少しずつ簡単な会話ができ始めたかな、という位で帰国してしまった感じだったようで、その後英語を全くやらなくなった事もあり、今は全然英語が分からなくなっている、という事でした。

 

半年の語学留学という期間は、全くの初心者にとっては、楽しかに微妙な期間であるかもしれないですね。

 

勿論、半年でも驚くほど英会話の力がつく方もいらっしゃると思いますが、一般的には初心者からの半年だと、英会話がちょっと分かってきた、という感覚に入った所で帰国、というなる場合が多いと思います。

 

そこからグッと会話力を上げていくには、基本的なボキャブラリ、発音、イントネーション、そして多くのイディオムなども交えて英語の力の底上げに入っていかなければいけません。

 

少し言い方は極端かもしれませんが、体験入学で、なんとなくそれがどんなものかは分かった、という段階と言って良いかもしれません。

 

本格的に使える英会話力にするには、そこからが一番大事だとも言えると思います。

 

本日の生徒様は学生時代は他にも色々な事に興味を持っていらっしゃったようで、英語についてはその半年の語学留学以外には多くの時間を割かず、それ以外の事に力を入れていらっしゃったようでした。

 

現在の英語力はというと、仕事で多少外国人の方と関わる事も増えてきた為、一時の英語はほとんどゼロに戻ってしまっていた状態よりは多少改善はされたようですが、それでもまだまだ挨拶レベルに少し毛が生えたくらい、という事で、自分一人で外国人の人達を英語で仕事を完結させるというレベルには到底及ばないという事でした。

 

決定的に弱いと感じていらっしゃるのは、単語の少ない所という事で、何か英語で書いてあるまとまった文章を読もうとしても、分からない単語が多すぎる為、読み進めれば進める程、分からない単語が溜まっていき、最終的には、何を言っているか分からなくなり、読み進めるモチベーションがなくなる、という事でした。

 

読むだけでなく、会話においても、とにかく内容が全く分からない、という状態に陥ると、さすがに多くの人が、これはお手上げ、となります。聞き返してどうにかなるレベルであれば良いですが、分からない事だらけという状況に「完敗です」という気持ちになってしまうんですね。

 

お気持ちはとても良く分かります。

 

今回担当の日本人講師には、日本語で色々と疑問点を質問されたようで、これからしっかりとやっていけるかどうか不安に感じていらっしゃった点も、少しクリアになったという事でした。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

IT業界でのキャリアアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

メジャーが開幕し、日本のプロ野球、サッカー等もスタートし、いよいろスポーツが始まったな~という感じですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内のIT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で現在は必要ないものの、これからの長いキャリアを考えた時に、英語の力はつけたいと最近強く思うようになられたからという事でした。

 

もともと学生時代は特に英語に対して苦手意識というようなものはなく、成績もクラスでは中の上という感じだった為、社会人になった今も、自分の英語について、周りの人と比べても中の上くらいにはいるだろうと感覚をぼんやりと持っていらっしゃったとの事でした。

 

ただ、英語が全く話せない人達の中で、中の上にいる、という事はどういう事なのか。

 

冷静に考えてみると、その比較はとても危ないですよね。

 

世界に目を向ければ、英語だけでなく、その他言語を話し、3言語、4言語を操るような人は沢山いますし、第二言語として英語が話せるというのは、当たり前という空気になっている国、地域も沢山あります。

 

そういう場所で中の上にいれば、それは日本で言う上級者というカテゴリに入ると思います。

 

自分が誰と比べるか、それは成長において、とても大切な事で、だからこそ「環境が人を変える」「環境を変えろ」なんて言葉をよく聞くのだと思います。

 

世の中、周りを一切気にせず、自分一人との孤独な闘いに一心不乱に邁進できる、という人ばかりではありません。

 

周りから学べる環境でなければ、そこで自分と比べる事は成長を阻害する原因になってしまいます。

 

逆に刺激を受ける人達が近くにいれば、そこで自分と比べる事は成長を加速させてくれる要因になります。

 

そういった意味で、本日の生徒様は、ぼんやりと自分の英語はまあまあ大丈夫だろう、と考えていらっしゃった思考を、一旦リセットされたという事は、とても大きなターニングポイントになられたと思います。

 

キャリアの為に英語はできなきゃな~、という事も考えだしていただけに、2つの側面から、英語に邁進する為の理由をもらえた、という事になりますね。

 

英会話のスイッチが入った所で、最初にこちらの生徒様が試されたのがスマホアプリを使っての独学だったようです。

 

ただそれは黙々と1人で問題をやる勉強で、問題自体は楽しいとは思えたものの、これをずっと続けていくというその孤独なやり方になんとなく先が見えなかった、とおっしゃっていました。

 

これを3か月すれば英会話は完成する、みたいな明確なゴールが見えているなら頑張って3か月やってみよう、と思えますが、英会話は残念ながら長期戦が必要なものです。

 

こちらの生徒様もそれはよく分かっていらっしゃったようで、それだけにこのやり方で何年も一人でやって、果たしてその先に何か本当に見えるのだろうか、という不安を感じられたとの事でした。

 

英会話というのは生き物で、相手と話して初めて、英語でのキャッチボールを実感できるようになります。

 

不思議なもので、1人でシミュレーションしている時は、しっかりと言えるような事も、話し相手を前にする事で、うまく言葉が出てこないなんて事はよくあります。

 

実際の英会話の練習をこれからはどんどん入れて頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

メーカー経理としてのキャリアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

一体この晴れない日はいつまで続くのですかね。

 

曇り雨はなんとか耐えれても、蒸し暑さは勘弁してもらいたいですね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在メーカーの経理をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で英語でのメールでのやり取りなどもある為、今後のキャリアップの為に今から少しずつ英語の力をつけておきたいから、という事でした。

 

新卒で今の会社に入社してから、関西、中国地方、九州と、地方の支社で勤務されており、去年本社に戻られ、これからは基本的に本社勤務が続く予定との事でした。

 

東京での生活がこれから長くなるという事で、これまで考えていらっしゃった英会話レッスンのスタートをこのタイミングにしようと考えられたようです。

 

短い期間で地方を転々とするようなお仕事だとなかなかその土地で腰を据えて何かを、という気持ちになりずらかったりするものです。

 

こちらの生徒様は特に新卒でまだ仕事を始めたばかりのタイミングでの異動だった為、仕事に慣れる事に必死であった事も大きかったようです。

 

アデュールの生徒様の中には、このように仕事の異動や、会社の色々な状況の変化により職種が頻繁に変わったり、家庭の事情などにより、なかなか英会話を始めたくても始める気持ちになれなかった、という方は多くいらっしゃいました。

 

どこかのタイミングで英会話はやらなきゃ、、と思いつつ、どうしても高い優先順位のものをどうにかしなくては、という意識が先行するので、その後のものは対応が後手にまわります。

 

とても難しい判断だと思いますが、英会話においては、習得するまでに時間がかかりますし、他に色々と忙しく大変な事があっても、見切り発車でもとにかくスタートを切る、という判断が必要な場合も人によってはあると思います。

 

全ての事がうまくまとまってから、というのは、気持ち的にはすっきりですが、短い人生、やっぱりいくつかの事を並行させて進めなければどうにもならない事は多々あると思います。

 

本日の生徒様については、まだまだお若く、仕事が大変な時期ではあると感じていらっしゃるようですが、これ以上英会話を始める事を延ばすのは自分のキャリアを考えるとよく無い、と判断されたようです。

 

学生時代にボランティアで、外国人に日本語を教えたご経験があるようで、その時にはカタコトながら英語を使ってお知られていた為、英語を使って仕事をする、という事については、学生時代から希望されていたようです。

 

今はメールベースでのやり取りですが、もっとスキルをつけ、英語なら~君、と言われる位に力をつけられたら、とお話されいました。

 

現在の英語力については、単語、文法の素地はあり、本当に最低限の事であれば、会話でもなんとか伝えられるという状態で、今後はこの会話のレベルを特に上げていきたいようです。

 

読み書きができても話せないと。。。とおっしゃっていましたが、これは多くの日本人の方が感じていらっしゃる事です。

 

英語はやっぱり会話で使えてナンボの世界、、、、という事でもないかもしれませんが、いざ英語を使う仕事に就くと、多くの方がそれを感じられます。

 

これから頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!