miyadesk のすべての投稿

日系投資会社でキャリアアップする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きますが、明日の首都圏はかなり寒くなるみたいですね。

 

土曜日は雪の予報も出ているので、いやですね~。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、この春から日系の投資会社に新卒で勤務されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、会社で英語力を求められているようで、TOEICは900点を目指すように、と言われ、今のままではマズイという事で、英語を始める事にされたようです。

 

入社前にも英語はやっておくようにと言われていたようですが、そこまで高いレベルではなくても大丈夫かと思い、なんとなく独学で春を迎えられたようですが、入ってみると、思っていたよりも英語はできるようにしないとマズい、という空気感があったようです。

 

社会人一年目で色々大変な時に、英語もやらなきゃ、、、となるのは大変ですが、ただ逆に言うと期待されていると考える事もできると思います。

 

社会人一年目、まだまだこれからが勝負ですが、既に同期との出生レースはスタートしているわけですから、やるだけの事は今のうちにやっておきたいと思われるは当然の事だと思います。

 

以前英会話スクールに少し通われた時には、ネイティブの先生でレッスンを受けられ、基本的な意思疎通がうまくできなかった事もあり、ふわふわした感じで終わってしまっていたので、継続する事なく短期でヤメられたようでした。

 

それから英会話スクールに通う事なく、なんとなく気が向いた時に英語の勉強をする、というのが学生時代の基本的な英語との向き合い方だったようです。

 

大学卒業時のTOEICは500点に満たない位だったという事でした。

 

学生時代は理系学部で、学校の勉強で大変な事もあったようですし、そこにどれだけ力を入れているかで、英語に割ける時間も変わってきます。それは社会人でも同じですよね。

 

本日の生徒様は、英語については特別な苦手意識はないものの、なんとなく、つかみきれない少し先にある存在、という印象のようで、本格的に英語に向き合ってから、自分の英語への感覚を確かめたいと話されていました。

 

今はこれから英会話のレッスンをスタートするタイミングなので、自分に必要なものが何なのか、手探りの状態でこられたようですが、感覚的には、TOEICのリーディングの最後のパートが時間が足りず読み切れなかった事、文法問題も曖昧な理解の所が多い、という印象のようで、まずはそこを潰していきたいという事でした。

 

TOEICのリーディングパートの分量は、英会話初心者レベル、初級レベルの人にとっては、なかなかのボリュームです。初心者レベルの人であれば、読み切れるはずがないし、理解しきれるはずもなく、むしろ、10%位分かれば良い方、程度の感じだと思います。

 

そこはほぼほぼ捨ててかかる、位のイメージでいらっしゃる方も多いと思いますが、ここもトレーニングすれば、必ずクリアできるポイントです。

 

特に日本人の方は、読み書きに関しては、話す、聞く、よりも得意な方が多いですし、本日の生徒様のようなガッツリと勉強する事は得意な方であれば、効率的にトレーニングすれば、短期でグット力をつけられる所です。

 

ヤル気は十分のこちらの生徒様。

 

今後が楽しみです!

 

本日は以上です!

 

 

 

高校時代に力を入れていた英語を再び学ぶ為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

1月も気付けば半ばを過ぎ、もうお正月ムードも消え、普通の生活に戻ってきましたね。

 

こうしてすぐに冬も終わり、桜の季節が来てくれるのですね!待ち遠しい限りです笑。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在専業主婦をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、長らく離れていた英語の勉強を再開し、流暢な英語を話せるようになりたいから、という事でした。

 

高校時代は英語に力を入れている高校に行っていらしたようで、学校の英語の授業をしっかりやっていた事は勿論、短期で語学留学に行くなど、英語とかなり密な生活をしていらしたようです。

 

その成果もあって、高校卒業時にはご自身では、そこそこ話せるなという感覚を持っていらっしゃったようです。

 

ただ、大学に進んでから、ぱったりと英語の勉強の時間がなくなり、そこから既に15年以上が経ち、今に至る、という事でした。

 

今は簡単な英単語もすぐに思い出せず、街中で外国人の人が話す英語に少し耳を傾けてみても、全く聞き取れない事が多い等、自分の英語力にかなりの不安を持つようになってこられたようでした。

 

以前できていたものが、今はできなくなる、というのは誰だって嫌なものですよね。

 

特にこちらの生徒様は英語に力を入れていた時期があり、そこに青春時代の一部をつぎ込んでいらっしゃったわけですから、なんとなくそこを失う事への喪失感というか、なんとも言えない複雑な気持ちになられるようです。

 

ただ、そうは言ってもまだまだお若いです。

 

40代から英語を始めるなんていう方は沢山いらっしゃいますし、そこから飛躍的に英語の力を伸ばしていらっしゃる方も沢山いらっしゃいます。

 

本日の生徒様はかなりの英語を忘れてしまったとはおっしゃるものの、それでも一度はベースをしっかりと学ばれたわけですから、感覚を取り戻せばそこからの伸びは普通の方より早くなるはずです。同じような経歴を持っていらっしゃる方は皆さんそのような傾向にありますので、そこは自信を持って挑んでいただきたいと思います。

 

今回の体験レッスンでは、とにかく単語が出てこない、というのがまず最初に一番感じられた所のようでした。

 

とてもシンプルな事が言えない、特に基本動詞、形容詞の類が頭に浮かばないのは致命的、とおっしゃっていました。

 

英会話の中でも、文章の中で肝になるのは、やはり動詞、形容詞です。

 

どうしたいのか、どのような様なのか、という自分のメッセージのコアになるものなので、それが伝えられないと、全く趣旨が伝えられず、最悪なパターンとしては、本当に言いたいそのことを言わず、他の事を言うようになってしまう、というパターンです。

 

英会話を初心者レベルからスタートされて頑張っていらっしゃる方の中には、このような経験をされている方はいらっしゃると思います。

 

どうしても言いたい事が言えない、ただ目の前で話し相手は待っていて、これ以上単語を考えていられないので、何か言わなくては、という事で、本来考えていた事とは違う考えを言ってしまう、みたいなパターンですね。

 

それは人と人との意思疎通において、とても不自然な形ですし、避けなければいけない所です。

 

He don’t like itという風に多少文法的な間違いがあっても、自分の言いたいメッセージは伝わるわけで、お互いの意思疎通をはかる、という会話本来の意味で言えば、必要最低限の形はクリアできているわけです。

 

本日の生徒様はまずは高校時代にレベルに戻していきたい、という事でした。

 

ヤル気十分のこちらの生徒様。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

ボキャブラリ強化を意識した英会話レッスン

こんばんは!

 

連休も終わり、また新たな一週間ですね!

 

明日の首都圏は寒いようですね。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在神奈川県内の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、さび付いてしまった自分の英語力を復活させたいから、という事でした。

 

もともと英語の専門学校に2年間通っていっらっしゃったこともあり、当時は英語の知識に関してはある程度の自信を持っていらっしゃったようですが、それからはや20年以上が過ぎ、まず、単語を大量に忘れてしまっている、という事でした。

 

会話以前にあまりにも単語を沢山忘れてしまっているので、まずはここからテコ入れしていきたいという事でした。

 

以前はしっかりと沢山の単語を覚えていらっしゃった為、英会話をするときに、どれだけ単語を知っているかはとても重要、という風に考えていらっしゃいます。

 

それだけに、これだけ単語が頭から抜け落ちている今、単語の強化は必須、との事でした。

 

会話においては、日本語でももともとあまり沢山話すタイプではない、という事で、テーマもなく淡々と話し続ける、というのは苦手なようで、しっかりと話すトピックを決めた上で会話を進めていく事を希望されていらっしゃいました。

 

ご自身に欠けているもの、今必要なもの、それらをしっかりと認識されていらっしゃるのは、一度しっかりと英語を勉強されたからに他ならないですね。

 

自分の英語の勉強、英語のパフォーマンスとしっかりと向き合う、という時期があれば、英語力があるなしに関わらず、なんとなく自分の進むべき方向というようなものはボンヤリと定まったりするものです。

 

なんでもない事のように聞こえますが、実はこの感覚はとても大事で、完全受身でやってしまうというのは、それでうまく力がついてくれればよいのですが、なかなか英語の力が伸びない、といいう状況にはまってしまうと、やり方が悪いのではないか、という風に捉えがちです。

 

確かにやり方が悪いという事もあるかもしれませんが、そのやり方を簡単に否定できるのは、そのやり方や方向性を最初に定める段階で、自分は一切関与していない、という事があると思います。

 

これが例えば、自分にはこれが足りない、こういう事もやるべき、というような事をしっかり考えた上で、レッスンや自宅学習の内容を進めていくと、そのプラン策定に自分も関わっているわけで、それだけに簡単に否定はできないですし、仮に否定するにしても、それは自分の考え方も間違っていたのかも、というより真剣な否定のアプローチとなります。それはとても良い事です。何となく簡単に否定するのではなく、真剣に考えた否定、というのは成長につながります。

 

それが糧になるからですね。

 

実際に体験レッスンでは会話の中で逐一気になる単語、表現を先生と確認されていたようでした。

 

そのように細かく確認できる環境はとても良いと感じていただけたようで、レッスン後はほっこりとした顔をされていました。

 

会話トピックに関しては、やはり自分の好きなものに寄せていく事が継続のポイントかな、と話されており、そう自分で考えていらっしゃるなら、それはかなりの確率で正解なはずです。

 

このまましっかりと続けていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

新社会人として同期に負けないように頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

やっと新年最初の週が終わるとホッとしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今年から新社会人になられたピッカピッカの社会人一年生です。

 

これからの新しい世界への挑戦に胸を躍らせていらっしゃるご様子は、もう眩しく、輝いていらっしゃいました。

 

後ろからバックライトを照らしているのではないかと思う程の輝き!若さか醸し出すエネルギーがこれなのだと思います笑。

 

こちらの生徒様が今回お申込みいただいた理由は、これからの社会人生活の中で、キャリアアップを見据え、しっかりと英語も話せるようになりたいから、という事でした。

 

スタートダッシュの今、やれることをしっかりとやっていきたい、との強い気持ちで話されていました。

 

本日の生徒様は同期の勢いに押し込まれそうな自分にカツを入れなけば!とも話されていました。

 

仲良くなった同期も、結局は競争相手。

 

この市場主義経済に組み込まれた私たちにとっては、競争からは逃れられません!

 

であれば、強くなる事が自分の生きる道、と考えるのは普通です。

 

学生時代は英語とは無縁で、ダンスとアルバイトに励んでいらっしゃったというこちらの生徒様。

 

今でもダンスは続けていらっしゃるようですが、今の時期はとにかく仕事へ自分を適応させる事、それで気持ちがいっぱいのようです。

 

同期がとても頑張っている姿がプレッシャーになっているというのも本音のようです。

 

同期からのプレッシャーと、新社会人としてスタートダッシュを頑張らなきゃ、というプレッシャーと、もう自分は学生じゃないんだ、という事への割り切り。

 

色々な思いはありますが、大きく自分が変わっていくこの甘酸っぱい時期。

 

いいですね!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

当人としては、必死ですし、いいもなにもないかもしれませんが、ここからの3年、5年で本当に大きく社会人として成長していくと考えると、本当に大事なステージですし、挑戦する自分を褒めてあげて欲しいと思います。

 

英語に関しては、正直な所、どちらかと言えば苦手な分野、という事で、ご自身でも本当に続けられるのか、色々と悩みはあったようです。

 

ただ今回の日本人英会話講師の体験レッスンという初めての経験から、全く英語のできない自分には、日本人の先生に習う事で、効率よく学べると感じられたようです。

 

体験レッスン前の緊張されていたご様子も、体験レッスン後には、お風呂上がりのようにほっこりとしたお顔で、充実されたご様子でした。

 

自分の中で納得のいくもの、環境が見つかれば、あとは前に進んでいくだけです。

 

その一歩が大きな一歩で、その一歩を決める為に、日々みんな色々な事に悩み、もがき、苦しむわけですが、決まれば、よしあとはやるだけ!という気持ちのなれます。

 

高校時代は部活でキャプテンも務めていらっしゃったというこちらの生徒様。

 

やると決めたからにはやるという強い信念をお持ちのご様子でした。

 

レッスンの内容に関しては、最初の方がある程度日本語のサポートもいただきたい、という事でしたので、その辺りは苦痛にならないレベルでバランスを見ながら進めていただければと思います。

 

今後がとても楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

内科開業医として臨床と友人と交友を深める為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きますね。

 

風邪対策はしっかりしたいところです!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在内科の開業医として都内に病院を構えていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、外国人患者への対応、そして、英語をより綺麗に話せるようになる事で、海外旅行や国内での交友関係を深める事、と話されていました。

 

実際には外国人患者の方は流暢な日本語を話される方がほとんどで、臨床の現場で困るという事はほとんどなく、どちらかというと、プライベートへの意識の方が強いようです。

 

プライベートでは、ワイン、食、という分野に深く精通されているようで、同じような所に興味を持つ仲間が多くいらっしゃるようです。

 

その中には外国人富裕層の方々もいらっしゃるようで、そのような場でやはり英語で沢山話せるようになると便利、との事でした。

 

日本には本当に沢山の外国人の方が住んでいらっしゃいますが、それでもかなりの数の人が首都圏に集まっています。

 

保育園、幼稚園、小学校でも、地方よりは国際色豊かな場合が多く、当然それは大人社会にも言える事です。

 

プライベートで色々な所に自分の顔を持っている方は、必然的に外国人の方がいる環境にも入っていく可能性が高まります。

 

アデュールの生徒様の中にも本日の生徒様と同じように、プライベートで色々な自分の居場所を持っていて、その中の1つに外国人が多くいる場所があって、そこで英語をしっかりと話せるようになりたい、という方はかなりいらっしゃいます。

 

楽しいその場所だからこそ、もっと密にコミュニケーションを取れるようになりたい、と思う事はとても自然ですし、その気持ちは英語学習のモチベーションを高めてくれます。

 

こういう環境を持っていらっしゃる方は、総じて英語学習を長く、腰を据えて頑張る方が多いのが特徴だと思います。

 

それは、ご自身がその自分の居場所に定期的に行っていて、その場所が自分の人生の中で大きなものになっていると感じていらっしゃるからだと思います。

 

そうなると、その居場所が自分にとって大切な場所、と考えると、=英語の力を付ける事は必然、という思考が常に頭の中に強く居続けてくれます。

 

このブログでもよく書いていますが、勿論どのレベルを目指すかにもよりますが、一般的にしっかりとした英会話力をつける、と考えると、英会話の勉強は3か月で完結する、というものではなく、長く付き合っていくものになります。

 

忙しい社会人は、年単位で見ていくと、大変な時期、時間のある時期、と色々と状態が変化します。

 

そんな中でも、英語と付き合い続ける、というのは、自分の中で、そこに大きな価値を置けているかどうかという事と大きく関係しています。

 

本日の生徒様は、お話がとても好きな方のようで、体験レッスンの時間内でも、先生に色々とご自身の興味の範囲や仕事の事、家族の事などを英語で必死で話されようと努力されていたようでした。

 

ドクターの方は総じて基礎英語力が高いですし、これからやれる事の幅はとても広いと思います。

 

まずは今の生活の中で、無理のないように続けていきたいと話されていました。

 

今後がとても楽しみです。

 

本日は以上です!