「日本人講師」タグアーカイブ

ワインを提供するお店での英語接客の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間の金曜日。

 

コロナの影響でなかなか週末も楽しみ切れない時期が続いていますが、辛抱の時期ですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、ワインを提供する飲食店にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、外国人のお客様に英語で対応できるようになりたいから、という事でした。

 

今は勿論コロナの影響で外国人観光客を含む外国人の方の客足は遠のいていますが、コロナ以前はかなりの人気店だったようで、上司からも英語をやるように強く言われていたようです。

 

お仕事柄、不定期なお休み、勤務形態な為、なかなか英会話をやろうと思っても、一歩前に出なかったようで、英語をやらなきゃ、と思いつつ、日々の仕事と家事で精いっぱいな日々だったようです。

 

沢山のワインを提供されており、お酒の勉強も色々とされているようで、そこにプライベートの時間を多くい取られているという事もあったようです。

 

それにしても、ワインに詳しいというのは素敵だと個人的に思います笑。

 

お店の飲みにいって、ワインのメニューを見ながら産地なりブドウの種類等について話す人、時々いますよね。

 

話が長いのはご免ですが(笑)、さらっとそういう知識を見せられると、とても素敵だなと感じるのは、私だけではないはずです。

 

本日の生徒様は高校生の頃からずっとこの仕事に憧れていらっしゃったようで、もうこの道は天職だとご自身でも感じていらっしゃるようです。

 

ただ、そこで今立ちはだかっているのが、外国人客を相手にした英会話という事でした。

 

これはお酒の知識や、日本人客を相手にする事を想定した今までのサービスの知識だけでは上手くこなせないという事を意味しますし、自分はそこは専門外、とも言えないのが訪日外国人を増やす事を国策にしている今の現状だと思います。

 

なんとなく頭の片隅に「やる以外に選択肢はない」という事は分かりつつ、その日を少しずつ先延ばしにしてこられたようです。

 

そこで今回のコロナです。

 

飲食店はどこも大きく打撃を受けていますし、今まで時間に追われていた所が急に時間ができてしまったという今。

 

英語を始めるならこのタイミングでは、という風に徐々に自分を納得させられるようになってこられたとの事でした。

 

何かを始めるとき、誰かに背中を押される方が良い方、誰かに半強制的にやらされた方がいい方もいると思います。

 

ただ中には自分の中のタイミング、感覚が合わないと、周りにどう言われようと踏み切れない人もいます。

 

本日の生徒様は後者のようで、自分の中でやっと整理が出来たので、始める事にしました、という事でした。

 

しっかりと時間をかけて自分の頭の中を整理されている分、やるとなったら、またとても集中される方だと感じました。

 

今回の体験レッスンでもとても積極的に質問をしつつ、学んだ事をしっかりと覚えて次につなげるという前向きな姿勢を体験レッスンの時間中ずっと維持されていました。

 

自分の中でふんぎりがつく、という事は、芯が固まっているので、ちょっとやそっとの事ではブレない場合が多いですし、長期戦の英会話レッスンにとって、この芯がしっかりしているという事はとても大きなメリットです。

 

これからが楽しみです。

 

アデュールではこちらの方のような初心者の方でも日本人講師でしっかりと対応させていただいております。

 

本日は以上です!

 

 

 

40年思い続けてきた自分の理想像を叶える為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ日々の生活は戻っていないですね。

 

早くワクチンが開発される事を祈るばかりです!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ご自身でピアノ教室を運営されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、ずっと苦手意識のある英会話をなんとか克服したいから、という事でした。

 

初心者の方でもアデュールでは日本人講師でしっかりとサポートさせていただいております。

 

こちらの生徒様は、若い頃から、ふとした時に英語の勉強に手はつけてみるものの、なかなか話せるという実感が持てず、何度も挫折されてきたとの事で、もう60代を迎えて手遅れかなと思いつつも、やっぱり英語を話せるステキな女性に憧れる、という気持ちは消えない、との事でした。

 

素敵ですね!

 

ずっと自分の中で理想にしている自分の形の1つが英語を話せるようになる事なのであれば、それはもう挑戦するしかないです。

 

これまでは、色々な勉強に手を出されて、実際に沢山単語を覚えたり、文法を理解したりと努力されてきたようですが、いざ会話になるといつも頭が真っ白になり、自分でも信じられない位にまともな会話が出来なくなる、という事でした。

 

英会話を頑張ろうと始める方の中には、このように頭が真っ白になる、という方は多くいらっしゃいます。

 

単語を覚えたり、文法を覚えたりするときは、自分一人で自分のペースで覚えるわけですから、小学生の時に漢字を沢山覚えたのと同じ要領でできる感じは持てるものです。

 

ただ、英会話においては、会話という場が本番で、いざ本番になるとどうしても緊張してしまって頭が真っ白になるというのはよくある事です。

 

英会話に限らず、スポーツやピアノ、バレエの発表会、色々な緊張する場で頭が真っ白になる事は多く聞きますよね。

 

ただ、覚えてきた努力は必ず体に蓄積されていますし、それをしっかりと英会話の場で使う事を徹底してトレーニングすれば、必ず使えるようになります。

 

最初はなんとなく綱渡りのような、よちよち歩きのような感覚での会話になるものです。

 

自分でも悲しくなるくらい簡単な単語しか出てこず、レッスンが終わった後に、「あ~あの時なんでこの単語を思い出せなかったんだ~~~!!」なんて感じたりしますが、それを嘆くだけではなく、次にはこの単語を使う、としっかりと体に教え込み、何度か自分で声にも出して、実際の会話のシチュエーションも想像しながら言ってみて、それを繰り返す。

 

次にその単語を使う場面が来た時には、前よりもその単語が出やすくなっているはずです。

 

それでも思い出すのに時間がかかるかもしれませんが、一番下の引き出しの一番奥にあったものが、今は2段目の引き出しの手前に置いてある、みたいな感覚で単語が出てくるという風になります。

 

そしてそこで使えれば、もう3回目からは、常に一番上の引き出しの一番手前に置かれている状態で、すぐに取り出せる自分の単語になります。

 

緊張も大きな理由の1つですが、こういう形で色々と自分に新しい習慣を投げかけて、そしてどのようなパフォーマンスになるか自分を客観的に見ていく事で、成果になる形が見えてくるものです。

 

アデュールの講師はそのような生徒様の力を引き出すトレーニングを多く実践する事で、力をつけていただけるようにしています。

 

今後が楽しみですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

頻繁な海外出張と英語のテレカンの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピックの延期が決まりそうな雰囲気ですね。。。

 

色々な調整が本当に大変だと思います。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今年から東京に単身赴任で来ていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、業務上英語が出来る方がキャリアップにつながるから、という事でした。

 

1,2か月に1回、アジアに海外出張に出ていらっしゃり、また現在は参加されていないものの、英語の電話会議も社内ではよくあるという事で、今後のキャリアップを考えるとは、英語は本腰を入れてやらなければマズい、という事でした。

 

本日の生徒様の場合、既にかなり頻繁に海外出張に行かれていますし、今は参加していないものの、英語の電話会議も社内では頻繁に行われており、英語ができれば参加すべきもの、という事で、誰が聞いても英語は「やるべき」ものだと思えますよね。

 

ご本人もそれはもう避けられない事実、と感じていらっしゃるようです。

 

かなりご不安な肝とも抱えていらっしゃっても、アデュールでは日本人講師で不安な部分をしっかりとサポートさせていただいております。

 

こちらの生徒様、現在のアジアの海外出張については、英語で話さなければいけないところは同僚の英語のできる人間が対応してくれるため、本日の生徒様は海外出張ではあるものの、英語ができなくてもこなせている、という事でした。

 

ただこれも勿論英語が出来る人と役割分担を今はしているからであって、勿論自分の英語が出来る方が現地での仕事のやり方の幅は広がる、という事でした。

 

会社からは英語を必ずやらなければいけない、というような強いメッセージはないようですが、逆にそれがない分、プレッシャーを感じる、という事でした。

 

「出来なければ出来る人間を評価するまで」

 

というドライな空気も感じるようで、そうなると中長期で考えると自分は行動を起こさないとマズいという感じていらっしゃるようです。

 

会社に英語をやれと強く言われTOEICの点数を社内で逐一公表されるような環境もそれはそれで見えるプレッシャーでキツいですが、本日の生徒様の会社のように、「出来ないなら出来ない人と評価するだけ」というスタンスも、また違った意味でのキツさですね笑。

 

普通の人であれば、どちらでも「危機感」は感じると思います。

 

本日の生徒様は英語に関しては、学生時代から大嫌いだったようで、だからこそ、今のような会社の環境でもここまで英語をやってこなかった、という経緯があったようです。

 

ただ、東京に単身赴任で来ることになり、プライベートの時間が増える、という事がついにその大きな決断をする理由になったようです。

 

環境の変化は色々と大変ですが、そこで改めて自分の生活や今までやっていた事の見直しをする機会にもなりますし、良い節目ですね。

 

今回体験レッスンをされて感じられた事は、とにかく言葉が全然出てこない、という事のようでした。

 

今まで英語が出来ないといいつつも、それでも学生時代に英語の授業は受けていたし、本当に話さなければいけない環境におかれれば、つたない英語でも、なんとか意図は伝えられるだろうと思っていらっしゃったようです。

 

ただ今回の体験レッスンは、とても簡単な事がなかなか言葉に出来ず、最終的には上手く言えない、という結果を受け、これはマズいと改めて感じられたようでした。

 

環境は十分揃っていらっしゃるこちらの生徒様。

 

これからに期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

育児休暇中で改めて見つめなおす英会話

こんばんは!

 

コロナウイルスの影響はなかなか収まりそうになりですね。。

 

オリンピックはどうなるのでしょう。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在0歳のお子様がいらっしゃり、育児休暇中のお母さんです。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、学生時代は英語が好きで勉強していたものの、社会人になって英語と離れる時間が多くなり、あまりにも英語力が落ちたので、育児休暇中で少し時間の取れるこのタイミングで、英語の勉強をまた始めようと思ったから、という事でした。

 

育児休暇というのは、女性にとっては、とても大きな節目の時間であると思います。

 

勿論大目的は育児の為に、という事ですが、ずっとお仕事をされてきている女性にとっては、いったん仕事から物理的に離れて、1人の人間として、客観的に改めて自分の人生を見つめなおす、そんなタイミングでもあると思います。

 

ずっと駆け抜けてきた仕事人生。

 

今の会社でこれからも続けていくべきか。

 

新しく別の可能性を探るべきか。

 

子供は。

 

色々な事を考えられるタイミングでもあると思います。

 

勿論、生まれたての赤ちゃんの育児は大変で仕事より楽、という事ではありません。

 

ただ、何かを考える時、特に仕事など毎日やっている事について考える時は、一定期間、それから物理的に離れなければ、冷静に、客観的にそれについて深く考えられないという事は往々にしてあると思います。

 

ゴールデンウィークや年末年始などの少し長めの連休であって、ちょっとそういう事を考えられる時間ではありますよね。

 

本日の生徒様は、仕事については今の会社が育児についてもとても協力的なので、これからも続けていきたい、という事ですが、仕事以外で自分が価値を置いてきたもの、あまり置いてこなかったもの、そういったものは一度再考するタイミング、と捉えていらっしゃるようでした。

 

英語がその1つのようです。

 

特に仕事で英語が必要な状況ではないので、キャリアップの為に、という事ではないようですが、もともと好きだった英語の勉強をずっとやっていなかった事については、育児休暇に入る前からも、なんとなく、後ろ髪を引かれるような気持ちではいらっしゃったようです。

 

誰かにやれと言われているわけでもないのですが、やはり自分の好きな事、自分が価値を置いている事に対して時間をかけないという自分の生き方に対して、薄々「私それでいいの?」という気持ちがあったという事だと思います。

 

今回の体験レッスンで、久しぶりに英語に触れ、つたない言葉でも英語を話すという時間をとった事で、やはりくすぶっていたその気持ちにグッと火がついたようで、「やっぱりこれが必要!」と感じられたとの事でした。

 

好きなチョコレートを最近食べていないので、食べたい、という話ではないですし、英語を学ぶ、という事は、他との兼ね合いという事を抜きにすると、それ単体では、プラスの効果しかないと思います。

 

学ぶ事はとても成長させてくれますし、また英語を話せる、理解できるようになる事で、色々な情報が入りやすくなりますし、交友関係や人生の中での選択肢も増やせます。

 

これから頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外資系製薬会社でのキャリアップの為に鍛えるスピーキング用英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピック延期論が現実味を帯びてきましたね。

 

心配です。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系製薬会社にお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、外資系という事もあり、キャリアアップの為にもう少し自分の英語力を上げたいから、という事でした。

 

社内では、資料が全て英語であったり、英語でプレゼンをしたりするので、そのトレーニングを英語で受けたりと、英語が日常業務の中に入っている環境にいらっしゃいます。

 

必然的に英語には慣れ親しむ環境になりますし、ご自身も最低限の英語はなんとか使える状態ではある、という事でした。

 

ただ、まだまだ出来る人と比べると力の差はかなり大きいようで、そこのギャップは埋めなければ、と感じていらっしゃると事でした。

 

アデュールをスタートされる時点での英語力については、聞く事は仕事に関係する部分についてはある程度ついていける所が多いと話されていました。

 

ただそれでも全く分からない事もそこそこある、という事でした。

 

聞けない、理解できない、というのは、確認に時間がかかりますし、仕事を遅らせるという意味でストレスの1つになるようです。

 

当然ですよね。

 

仕事は遅らせたくないですし、それは自分のパフォーマンスに最終的にはつながってきます。

 

一方、話す方についてはかなりの苦手意識があるというのが当時のご本人の認識です。

 

なかなかうまく言葉が出ない、という風に感じるのが常という事で、ここに関してはテコ入れをしたいと思いつつ、なかなかうまく成果を出せていない事が悩みだったようです。

 

英会話自体も少し習ったり、独学で色々と自分でやってみたりもされてきたようですが、スピーキングを伸ばす事には苦労されているようでした。

 

ですので、レッスンではスピーキングを強化できる形で進めていきたい、というのがこちらの生徒様の一番の希望でした。

 

ただここでポイントが、毎日ビジネス英語ばかりに触れていて、英会話レッスンでもビジネス英語だとつまらなく、飽きてしまう、という事で、ビジネス英語ではなく、日常英会話でスピーキングを強化し、それを仕事にスピーキングに活かせるようにしたいとの事でした。

 

本来おしゃべりが好きな方のようで、日常英会話であれば話したい事がいくらでもあり、それの方がスピーキングの練習としてもやりやすいはず、との事でした。

 

まさしくそうですね。

 

という事で、アデュールでレッスンをスタートされてからこの間、ずっと日常英会話ベースでスピーキングをトレーニングされてきました。

 

会話は以前よりもスムーズに話せるようになってきているようで、何よりもレッスンが楽しいので続けられる、と話されていました。

 

これはご本人が当初話されていた通り、好きな話題なら話したい事はいくらでもある、という言葉の通り、沢山話したいと思えるから続けられる、続けるから学びが多くなり、成長する、という良い流れを作ってこられたという事ですね。

 

苦手だったスピーキングにようやく変化の兆しが見えてきている現状にとても満足されていらっしゃるようで、このままレッスンは続けていきたいという事でした。

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!