百貨店の販売の仕事で英会話の評価を高めた生徒様

2020年10月7日

こんばんは!

 

東京は午後から曇りはじめ、もう雨になりました。

 

明日もお天気は悪いみたいですね。

 

ただ、厚くなく、寒くなく、気温はとても気持ちの良い毎日になってきましたね!

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在百貨店の高級ブランドで販売のお仕事をされていらっしゃり、もともとアデュールで英会話を始められた理由が、販売のお仕事だけでなく、近い将来管理部の仕事に異動になった際、本社スタッフと英語でのやりとりが出てくるため、そこに向けても頑張りたいから、という事でした。

 

現在はコロナウイルスで外国人観光客の来店がなくなってはいますが、アデュールのレッスンを始められた頃はまだまだ多くの外国人の方が日々来店されていたようで、日常的に仕事で英語を使おうと思えば使える環境にいらっしゃいました。

 

お仕事で英語を使う環境があるというのは、英会話学習者にとってはとても恵まれた環境と言えます。

 

英会話は使ってみて、失敗したり、スムーズに言えなかったり、自分の中で課題を現場で感じる事で、自分の普段の勉強にも力が入るものです。

 

また、そこでハッキリと浮かんできた課題は、自分の中で必要な課題だと強く現場で認識できたため、その後の学習時にもそこの強化に対して、迷うことなく取り組めます。

 

実際に英会話の勉強を始めようとするとき、自分には何が必要なのか、自分が弱いのはどういった所なのか、それは皆さん色々と考えられますが、それを具体的な形に落とし込んで取り組む、というときには、自分の中で腑に落ちる形や状況が必要な事は多々あります。

 

そうでないと、腑に落ち切らないまま勉強を始め、気持ちが入り切らないので、学習効果も出来らない、という結果になり得ます。

 

そういう意味で本日の生徒様はとても職場環境を持っていらっしゃいます。

 

この間、必死で英会話レッスンにも取り組まれ、成長ポイントしては、特に発音が著しく改善されたと感じていらっしゃいました。

 

お仕事で以前通じなかったり、聞き直された単語がすんなりと相手に聞き取ってもらえるようになったりと、その成長は職場でも感じられているようです。

 

また、文法についても広くカバーできるようになってきたことを成長ポイントに挙げていらっしゃいました。

 

もともと英語が大の苦手で、その中でも文法については、特に苦手意識を持っていらっしゃった為、そこにメスを入れられた事はご自身の中でとても大きな変化だったようです。

 

そして、一番嬉しい事は、お仕事場で英語力がついていきている事を評価されている点との事でした。

 

これには担当講師も大喜びです。

 

もともとお仕事のパフォーマンスについてはとても会社で評価が高かったようですが、そこで更に英語の評価が高まったという事は、今後のキャリアアップにおいて、とても有利になりますね。

 

日々楽しく、そして着実に前に進むという姿勢をレッスン開始当初から崩していらっしゃらないこちらの生徒様だからこその結果だと思います。

 

課題としては、まだまだ話題によっては言葉に詰まる事も多い為、今後は更に自分の表現力を高め、あらゆる話題に流暢に対応できるようになっていきたいという事でした。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!